So-net無料ブログ作成
検索選択
Raspberry Pi ブログトップ
- | 次の10件

Raspberry Pi 2 システムのアップデートとユーザー設定 [Raspberry Pi]

ファームウェアのアップデート
たまに更新されてるので、たまにやっといたほうがいいらしい。
% sudo rpi-update
アップデートがあった場合はrebootする。
% sudo reboot

システムのアップデート
OSなどシステムのパッケージはaptで管理しているので、aptを使ってアップデートする。
% sudo apt-get update
% sudo apt-get upgrade
これでインストールしてあるパッケージが更新された時はすべてアップデートされる。

rootのパスワード変更
OSを立ち上げたままだとデフォルトのパスワードのままなので、変更しておく。
% sudo passwd root

新規ユーザー作成
デフォルトのままだとpiユーザーが存在していて、piユーザーはRaspberry Piで全世界共通なので、
新規ユーザーを作る。
% sudo adduser (user名)
piと同じgroupに追加しておくために、まずpiユーザーのgroupを調べる。
% groups pi
pi : pi adm dialout cdrom sudo (省略)
作ったユーザーを表示されたgroupに追加する。
% sudo gpasswd -a (user名) adm
 ("adm"以外もpiユーザーで表示されたgroup名をすべて追加する)
作ったユーザーでsudoを使う時にパスワード入力しなくてもいいようにする。
% vi /etc/sudoers
(user名) ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL
と追加して、sudo 出来るか確認する。
デフォルトのpiユーザーがあることが危ないので、piユーザーを削除する。
% sudo userdel -r pi
または最低限piユーザーのパスワードを変更しておく。
% sudo passwd pi

今日はこんな感じ

タグ:Raspberry Pi

Raspberry Pi 2 ffmpegのコンパイル(2) [Raspberry Pi]

ブログ1個前でRaspberry Pi 2 でffmpegをコンパイルしてみたけど、
ffmpeg 2.7 が出たということで、再度コンパイルしてみた。

前にコンパイルしたディレクトリに移動して、ソースを更新する。
% cd ffmpeg
% git fetch
% git pull
前と同じようにconfigure&makeする
% ./configure --prefix=/usr/local --enable-gpl --enable-nonfree --enable-libfdk-aac --enable-libfaac --enable-libx264 --disable-ffplay --disable-ffprobe --disable-ffserver --disable-debug --extra-ldflags=-static --optflags="-O2 -finline-functions"
% make
バージョンを確認する。
% ./ffmpeg
ffmpeg version N-72837-g70af8a5 Copyright (c) 2000-2015 the FFmpeg developers
ちなみに前回のバージョンは
ffmpeg version N-72667-gd3585c5 Copyright (c) 2000-2015 the FFmpeg developers
なので、更新されているらしい。
このバージョンが "2.7" なのかは不明・・・

ということでインストールする。
% sudo make install

タグ:Raspberry Pi

Raspberry Pi 2 ffmpegのコンパイル [Raspberry Pi]

Raspberry Pi 2 でffmpegをコンパイルしてみる。
参考にしたのはお気に入りの動画を携帯で見ようのブログ。

iPhoneで再生するための動画に変換したいので、faac,fdk-aacエンコーダーとx264エンコーダーを組み込む。
ただし、faacとfdk-aacを組み込んだバイナリは再配布禁止になってるので、
自分でコンパイルした。

まずは、コンパイルに必要な準備。
yasmのインストール
% sudo apt-get install yasm
automakeのインストール
% sudo apt-get install automake
libtoolのインストール
% sudo apt-get install libtool


fdk-aacのコンパイル
ソースのダウンロード
% wget http://sourceforge.net/projects/opencore-amr/files/fdk-aac/fdk-aac-0.1.4.tar.gz
解凍
% gzip -cd fdk-aac-0.1.4.tar.gz | tar xvf -
コンパイル&インストール
% cd fdk-aac
% ./configure --prefix=/usr/local --disable-shared
% make
% sudo make install
% cd ..


faacのコンパイル
ソースのダウンロード
% wget http://downloads.sourceforge.net/faac/faac-1.28.tar.bz2
パッチのダウンロード
% wget http://abechin.sakura.ne.jp/sblo_files/k-tai-douga/ffmpeg/faac-1.28.diff
解凍
% bzip2 -cd faac-1.28.tar.bz2 | tar xvf -
パッチをあてて、コンパイル&インストール
% cd faac
% patch -p1 < ../faac-1.28.diff
% ./bootstrap
% ./configure --prefix=/usr/local
% make
エラーが出たので、ソースを修正。
% vi common/mp4v2/mpeg4ip.h 下記のように/* */でコメントアウトする。
  /*
  #ifdef __cplusplus
  extern "C" {
  #endif
  char *strcasestr(const char *haystack, const char *needle);
  #ifdef __cplusplus
  }
  #endif
  */
% make
またエラーになったので、Makefileを修正
% vi frontend/Makefile
  LDADD = $(top_builddir)/libfaac/libfaac.la $(top_srcdir)/common/mp4v2/libmp4v2.a -lm -lstdc++ -lws2_32
  の一番後ろの -lws2_32 を削除して、下記のようにする。
  LDADD = $(top_builddir)/libfaac/libfaac.la $(top_srcdir)/common/mp4v2/libmp4v2.a -lm -lstdc++
% make
% sudo make install
% cd ..


libx264のコンパイル
ソースのダウンロード
% git clone git://git.videolan.org/x264
テスト用の動画をダウンロードしておく
% wget http://media.xiph.org/video/derf/y4m/park_joy_420_720p50.y4m
コンパイル&インストール
% cd x264
% ./configure --prefix=/usr/local --enable-static
% make fprofiled VIDS="../park_joy_420_720p50.y4m"
% sudo make install
% cd ..


ffmpegのコンパイル
ソースのダウンロード
% git clone git://source.ffmpeg.org/ffmpeg.git
コンパイル&インストール
% cd ffmpeg
% ./configure --prefix=/usr/local --enable-gpl --enable-nonfree --enable-libfdk-aac --enable-libfaac --enable-libx264 --disable-ffplay --disable-ffprobe --disable-ffserver --disable-debug --extra-ldflags=-static --optflags="-O2 -finline-functions"
% make
% sudo make install
% cd ..


% ffmpeg -codecs > codecs.txt
として、
 DEA.L. aac AAC (Advanced Audio Coding) (decoders: aac libfdk_aac ) (encoders: aac libfaac libfdk_aac )
 DEV.LS h264 H.264 / AVC / MPEG-4 AVC / MPEG-4 part 10 (encoders: libx264 libx264rgb )
のようにエンコーダーが入っていればOK


Windows用にコンパイルをした時の話はまたそのうち。

タグ:Raspberry Pi
- | 次の10件 Raspberry Pi ブログトップ
メッセージを送る