So-net無料ブログ作成

Windows10 で bash on Ubuntu [Windows10]

Windows10 上で Linuxのバイナリがそのまま動くという、bash on Ubuntu を試してみた。

インストール
 最初は Windows上でLinux Subsystemの有効化を行う。
 スタートメニュー->右クリック->"プログラムと機能"
  ->左側のメニューで "Windowsの機能の有効化または無効化"
  ->"Windows Subsystem for Linux (Beta) をチェック
  ->再起動

開発者モードの有効化
 スタートメニュー->設定->更新とセキュリティ
  ->左側のメニューで"開発者向け"
  ->"開発者モード" をチェック

インストール
 コマンドプロンプトを起動して bash を実行する。
  bash
  "y" と入力するとインストールされる。
  ここのインストールでしばらく時間がかかる。
 ユーザー作成になるので、ユーザー名とパスワードを入力する。
 これでインストールは完了

 lsb_release -a とすると、
 Ubuntu 14.04.5
 と出た

host名の設定
 sudo vi /etc/hosts
  1行目の後ろに自分のhost名を追加する。

リポジトリの変更
 デフォルトでは海外のサーバーの設定されているので、日本のサーバーへ変更する。
  sudo vi /etc/apt/sources.list
   ubuntu.com を ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux へ変更する。

パッケージのアップデート
 sudo apt-get update
 sudo apt-get upgrade

Git のインストール
 sudo apt-get install git

gcc のインストール
 sudo apt-get install build-essential libtool automake autoconf pkg-config
 gcc -v
  4.8.4 が入っている

インストールが完了したら、スタートメニューに Bash on Ubuntu on Windows が追加される。

ここで、Webサーバーなどなどが動かせるらしい。

Windows10 でffmpegをコンパイル [ffmpeg]

Windows10 でffmpegをコンパイルする。

ffmpegでAACエンコーディングするには自分でコンパイルする必要があったので、コンパイルメモ。
あまりメモを残していなかったので、メモがない部分は省略。
ffmpeg 3.0 からは緩和されてるらしいので、コンパイルは不要かも。

1. mingw64 をインストールして、コンパイルする環境を整える。
2. Windows版git環境をインストールする。
3. fdk-aac のコンパイル&インストール。
4. faac のコンパイル&インストール。
5. lame のコンパイル&インストール。
6. openh264 のコンパイル&インストール。
7. opus のコンパイル&インストール。
8. xvidcore のコンパイル&インストール。
9. x264 のコンパイル&インストール。
10. ffmpeg のコンパイル&インストール。


1. mingw64 をインストールして、コンパイルする環境を整える。
 省略
  pkgconfig の設定とか
  make の設定とか
  いろいろ設定したと思うけど覚えてない


2. Windows版git環境をインストールする。
 省略


3. fdk-aac のコンパイル&インストール。

 ソースのダウンロード
  wget http://sourceforge.net/projects/opencore-amr/files/fdk-aac/fdk-aac-0.1.4.tar.gz

 コンパイル
  cd fdk-aac-0.1.4
  ./configure --prefix=/mingw/x86_64-w64-mingw32 --host=x86_64-w64-mingw32 --disable-shared
  make

 インストール
  make install


4. faac のコンパイル&インストール。

 ソースのダウンロード
  wget http://downloads.sourceforge.net/faac/faac-1.28.tar.bz2
  wget http://abechin.sakura.ne.jp/sblo_files/k-tai-douga/ffmpeg/faac-1.28.diff

 コンパイル
  cd faac-1.28
  patch -p1 < ../faac-1.28.diff
  ./bootstrap
  ./configure --prefix=/mingw/x86_64-w64-mingw32 --host=x86_64-w64-mingw32
  make

 インストール
  make install


5. lame のコンパイル&インストール。
 省略


6. openh264 のコンパイル&インストール。
 省略


7. opus のコンパイル&インストール。
 省略


8. xvidcore のコンパイル&インストール。
 省略


9. x264 のコンパイル&インストール。

 ソースのダウンロード
  git clone http://git.videolan.org/git/x264.git

 コンパイル
  ./configure --prefix=/mingw/x86_64-w64-mingw32 --host=x86_64-w64-mingw32 --enable-static
  make

 インストール
  make install


10. ffmpeg のコンパイル&インストール。

 ソースのダウンロード
  git clone git://source.ffmpeg.org/ffmpeg.git

 コンパイル
  PKG_CONFIG_PATH=/mingw/x86_64-w64-mingw32/lib/pkgconfig \
   ./configure --arch=x86_64 --target-os=mingw32 --enable-runtime-cpudetect \
   --enable-nonfree --enable-gpl --enable-version3 --enable-libmp3lame \
   --enable-libfdk-aac --enable-libopus --enable-libopenh264 --enable-libx264 \
   --enable-libx265 --enable-libxvid \
   --enable-w32threads --disable-ffserver --disable-ffplay --disable-ffprobe \
   --disable-debug --extra-ldflags=-static --extra-cflags="-mtune=core2 \
   -mfpmath=sse -msse" --optflags="-O2 -finline-functions"
  make

 これで ffmpeg.exe が出来ているので、任意のディレクトリにコピーして使う。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。