So-net無料ブログ作成

Raspberry Pi 2 Windows10のインストール [Raspberry Pi]

前のブログ でPCにWindows10をインストールしたのは、
こっちをやりたいためでした。
ということで、Raspberry Pi 2 に Windows10 をインストールしてみました。

まず、必要なもの
・Raspberry Pi 2
・MicroSD 8GB以上:Linux用とは別に準備しました
・USBキーボード
・USBマウス
・有線LANケーブル
・電源ケーブルとHDMIケーブル:Linuxで使ってるものと同じ
・Windows10 の入っているPC

まずは、Windows10のPCで作業する
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=619755 から"IOT Core RPi.ISO" をダウンロードする。(クリックするとダウンロードを開始します)
その後、そのISOファイルをダブルクリックすると、ISOファイルがWindows10にマウントされる。
(Windows10ってOS標準でISOファイルのマウントに対応してるんだね)
"Windows_10_IoT_Core_RPi2.msi" というファイルがあるので、ダブルクリックしてインストールする。
インストールが完了すると、
"WindowsIoTImageHelper" というツールがインストールされるので、それを起動する。
 新しく準備したMicroSDをWindows10 PCに挿して、
 Refresh
 -> Select the SD card
 -> Select the image(.ffu)
 -> "C:\Program Files (x86)\Microsoft IoT\FFU\RaspberryPi2\flash.ffu" を選択
 -> Flash
とすることで、Raspberry Pi 2 用Windows10 をMicroSDにコピーされる。

Raspberry Pi 2 で作業
上のMicroSD、USBキーボード、USBマウス、HDMIケーブル、有線LANケーブルを繋いだ後に、
最後に電源ケーブルを繋ぐと電源が入る。
 -> 5分後に "Welcome Windows 10 IoT Core" と表示されるので、待つ
 -> さらに3分後に言語セレクト画面が出るので、"日本語"を選択
 -> 次へ
でWindows10が立ち上がった。
試しに一度Shutdownをして、再度起動すると1分程度でWindows10が起動する。
起動した画面は普通のWindowsの画面ではなくて、
ホスト名と、IPアドレスが表示されてて、あとはシャットダウンとかの電源メニューだけ。

これでRaspberry Pi 2 でWindows10が動くところまで来たので、
次回は、簡単なプログラムを作って、Raspberry Pi 2 で動かすところの予定。

Windows10へのアップデート [Windows]

3台あるPCのうち、Windows8.1 のマシンをWindows10 へアップデートしてみた。
Windows10へのアップデートの予約をしておいたのが、
アップデート可能になったからアップデートしてみた。

他の2台は Windows7 と Vista。
7と8.1は無料で10へアップデート出来るけど、Vistaからは無料アップデート出来ないのでパッケージで
買ってこようか、検討中。

ということで、Windows8.1から10へアップデートしてみた。
WindowsUpdateを使って10へアップデートする。
アップデートは特に何事もなく終了。
立ち上がってみると、前からインストールしていたソフトなど、そのままの状態で
Windows10になった。
見た目が変わったのは、壁紙とスタートメニューかな。
コントロールパネルは、"スタート"->"Windowsシステムツール"に移動したみたい。

普段スリープをよく使うPCなので、ちゃんと動作するかを確認してみた。
"スタート"->"電源"->"スリープ"
 にするが、スリープなったかならないかですぐに立ち上がってしまう。

"コントロールパネル"->"セキュリティとメンテナンス" を見ると、
メンテナンスの部分にマウスドライバーの更新が必要なことが書いてたので、更新した。

その後再起動して、スリープにしてみる。
今度はファンも止まったし、スリープ状態になったみたい。
と思いきや、1分くらいすると勝手に起動した。

"コントロールパネル"->"デバイスマネージャ"
->"ネットワークアダプタ"->LANのアダプタで右クリック->プロパティ
->"電源の管理"タブ
 "Magic Packetでのみコンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする" をチェックする

その後スリープにしてみる。
今度は勝手に起動しなくなった。
WOL(Wakeup On Lan)を使って、Linuxサーバーから起動テストも問題なくOK。

これで問題なさそう。

一応、いくつか最新版のソフトに更新しといた。
・AMDのビデオカードのドライバを最新版に更新した。
・AVG AntiVirus 2015 Free版を最新版にした。
・iTunesを最新版に更新。

デバイスマネージャをよく見ると、
 Marvell 91xx Config ATA Device
でビックリマークが出ていた。
下のURLからWindows7用のドライバをインストールした。
 http://www.gigabyte.jp/products/product-page.aspx?pid=3239&dl=1#driver
  Marvell RAID Driver (SATA3) for AHCI Mode
   motherboard_driver_marvell_ahci.exe
  Marvell Console Driver (SATA3)
   motherboard_driver_marvell_console.exe

Windows10へのアップデートは環境もそのまま引き継がれるし、簡単に終わってしまった。
ただ、クリーンインストールし直した方が動作が速いという話も聞く。
一度、アップデートで環境を引き継いでアップデートした後にアクティベートしておけば、
クリーンインストールしてもライセンスは引き継げるらしいので、もう一台のPCは
それをやってみようっと。

タグ:Windows10

Raspberry Pi 2 HDMIリンク設定 [Raspberry Pi]

ラズパイの電源を入れると、TV番組を見ていても自動的にラズパイを繋いだ
画面に変更してしまうので、自動で変更しないようにした。

sudo vi /boot/config.txt に下記を追加した。
  hdmi_ignore_cec_init=1

再起動
sudo reboot

これで、ラズパイの電源を入れてもTVが自動で変更しないようになった。

今日はこれだけ

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。