So-net無料ブログ作成
検索選択

Windows10 でffmpegをコンパイル [ffmpeg]

Windows10 でffmpegをコンパイルする。

ffmpegでAACエンコーディングするには自分でコンパイルする必要があったので、コンパイルメモ。
あまりメモを残していなかったので、メモがない部分は省略。
ffmpeg 3.0 からは緩和されてるらしいので、コンパイルは不要かも。

1. mingw64 をインストールして、コンパイルする環境を整える。
2. Windows版git環境をインストールする。
3. fdk-aac のコンパイル&インストール。
4. faac のコンパイル&インストール。
5. lame のコンパイル&インストール。
6. openh264 のコンパイル&インストール。
7. opus のコンパイル&インストール。
8. xvidcore のコンパイル&インストール。
9. x264 のコンパイル&インストール。
10. ffmpeg のコンパイル&インストール。


1. mingw64 をインストールして、コンパイルする環境を整える。
 省略
  pkgconfig の設定とか
  make の設定とか
  いろいろ設定したと思うけど覚えてない


2. Windows版git環境をインストールする。
 省略


3. fdk-aac のコンパイル&インストール。

 ソースのダウンロード
  wget http://sourceforge.net/projects/opencore-amr/files/fdk-aac/fdk-aac-0.1.4.tar.gz

 コンパイル
  cd fdk-aac-0.1.4
  ./configure --prefix=/mingw/x86_64-w64-mingw32 --host=x86_64-w64-mingw32 --disable-shared
  make

 インストール
  make install


4. faac のコンパイル&インストール。

 ソースのダウンロード
  wget http://downloads.sourceforge.net/faac/faac-1.28.tar.bz2
  wget http://abechin.sakura.ne.jp/sblo_files/k-tai-douga/ffmpeg/faac-1.28.diff

 コンパイル
  cd faac-1.28
  patch -p1 < ../faac-1.28.diff
  ./bootstrap
  ./configure --prefix=/mingw/x86_64-w64-mingw32 --host=x86_64-w64-mingw32
  make

 インストール
  make install


5. lame のコンパイル&インストール。
 省略


6. openh264 のコンパイル&インストール。
 省略


7. opus のコンパイル&インストール。
 省略


8. xvidcore のコンパイル&インストール。
 省略


9. x264 のコンパイル&インストール。

 ソースのダウンロード
  git clone http://git.videolan.org/git/x264.git

 コンパイル
  ./configure --prefix=/mingw/x86_64-w64-mingw32 --host=x86_64-w64-mingw32 --enable-static
  make

 インストール
  make install


10. ffmpeg のコンパイル&インストール。

 ソースのダウンロード
  git clone git://source.ffmpeg.org/ffmpeg.git

 コンパイル
  PKG_CONFIG_PATH=/mingw/x86_64-w64-mingw32/lib/pkgconfig \
   ./configure --arch=x86_64 --target-os=mingw32 --enable-runtime-cpudetect \
   --enable-nonfree --enable-gpl --enable-version3 --enable-libmp3lame \
   --enable-libfdk-aac --enable-libopus --enable-libopenh264 --enable-libx264 \
   --enable-libx265 --enable-libxvid \
   --enable-w32threads --disable-ffserver --disable-ffplay --disable-ffprobe \
   --disable-debug --extra-ldflags=-static --extra-cflags="-mtune=core2 \
   -mfpmath=sse -msse" --optflags="-O2 -finline-functions"
  make

 これで ffmpeg.exe が出来ているので、任意のディレクトリコピーして使う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。